コミュニケーション

このようなお悩みに対応しています

▶︎話しているうちに,話そうと思っていたことではないことを話している

▶︎話が広がりすぎて、相手が混乱してしまう

▶︎「結局何が言いたいの?」と言われることがある

▶︎話しているうちに、頭の中がごちゃごちゃになってしまう

▶︎メールなどの文章で伝えようとしたとき、とても長い文章になってしまうが、伝えたいことが書けていないのではないかと不安になることが良くある

話がまとまらない場合の改善策とは

頭の中で、自分は何が伝えたいのかをイメージしながら整理しましょう。

その都度思ったことを口に出してしまい、論点が分からなくなってしまうケースは多く見受けられます。

これは、自分が伝えたいことだけではなく、相手の話の内容に対しても同様です。話を聴きながら頭の中で、相手の話の内容を描いていくことで、的確に話の根幹をとらえ、返答する事が出来ます。

また、自信がないために話を補足しすぎて、次から次へと情報を出してしまうということも話がまとまらない原因としてあげられる例です。

できるだけ少ない情報で、シンプルに伝えられるようにトレーニングすることで、会話の複雑性をなくし、本当に伝えたいことを明確にする事が出来ます。

Good Voice Academy NEWS

運営会社

ABOUT US

会社名

合同会社Good Communication Japan

所在地

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-34-8大輝ビル301

代表

島田 紀子